有料老人ホームの3種類を分かりやすく解説!サービスの違いとは?

厚生労働省の所轄による有料老人ホームは、一口に「老人ホーム」いってもさまざまな種類があります。
有料老人ホームの種類ですが、現在は、健康型有料老人ホーム住宅型有料老人ホーム介護付き有料老人ホームの3種類に分けることができます。

まずは、有料老人ホームの3種類の特長を知っておきましょう

どの種類が合っているか大まかにわかると、ご自分に合った評判がいい老人ホームが探しやすくなりますよ。

健康型有料老人ホーム

1種類目の健康型有料老人ホームは、3つの中ではもっとも自立度の高い高齢者が入居する施設です。

健康型有料老人ホームのサービスは、高級ホテルに高齢者が集まっているような雰囲気をイメージをするとわかりやすいと思います。最近では、住宅型有料老人ホームに順次切り替えが進められています。新たに建設されることもないので、その数は非常に少なくなっています。

 

基本的には介護の必要がない高齢者のための施設

健康型有料老人ホームに入居できるのは、介護を必要としない高齢者で、食事や生活支援のサービスが受けられます。また、介護専用棟や専用居室などがあり、もしも介護が必要となった場合には移動する必要があります。

 

健康型有料老人ホームはどんな契約になる?

契約は利用権方式が主で、一時入居金が非常に高いことが特徴です。施設内にはレストランやシアタールームといった豪華な設備も整っているところもあります。

先ほどもお話したとおり、健康型有料老人ホームは、住宅型有料老人ホームへの切り替えが進んでいます。これから施設を探すなら、住宅型老人ホームにも目を向けていきましょう。

 

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、レストラン付き住居のような雰囲気で、食事や見守りなど、生活全般のサービスを受けられる施設です。

介護の必要がない高齢者が利用する施設ではありますが、入居中に介護サービスが必要となった際には、自分で外部の業者に依頼してサービスを受けることになりますが、施設によっては訪問介護事業所が併設されている場合もあります。

しかし、住宅型有料老人ホームでは、どのような介護業者に依頼する場合でも24時間体制の介護は受けられないと思っておいたほうがいいです。

 

住宅型有料老人ホームはどんな契約になる?

契約は、健康型と同じく利用権方式が主です。
将来的にどこまでの介護を求めるかも考えて入居する必要があります。

 

サービス付き高齢者住宅との違いは?

住宅型有料老人ホームと勘違いされやすい施設に、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)があります。この違いですが、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は「賃貸住宅」であって有料老人ホームではありません。
そのため、サ高住のサービスは安否確認や生活相談の範囲に留まります。

住宅型有料老人ホームの管轄は、厚生労働省のですが、サ高住は国土交通省の所轄となっています。

 

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは、介護保険法による基準を満たした施設を指します。その基準とは、定員数や居室の面積、スタッフの人数などに設けられており、これをクリアしているということは、最低限の品質を伴ったサービスを受けられるということになります。

 

一般型と外部サービス利用型があることに注意

介護付き有料老人ホームは、一般型と外部サービス利用型とがあります。

前者は施設内のスタッフがケアプランを作成するところから介護まですべてを行い、後者は外部の業者に介護を委託しています。居室にはベッドやトイレが備え付けられ、入居者は、食事や排せつ、入浴、機能訓練などの介護サービスを受けることができます。

 

介護付き有料老人ホームはどんな契約になる?

介護付き有料老人ホームの契約は、他と同じく利用権方式が主です。

介護付き有料老人ホームは、民間企業や社会福祉法人など、さまざまなところが手掛けています。そのため、費用や受けられるサービスにはそれぞれ違いがあります。
運営会社によって施設内の運営が異なるので、ご入居者の方の趣味や趣向によって合う合わないが当然出てきます。

介護保険が使える老人ホームと違って有料となると「合う合わないの問題」はお気持ち的にも表面にでてきやすい傾向があります。ご入居を決める前にしっかりとマッチングを行って失敗がないように対策することをおすすめします。

 

月額使用料が高いのが良い施設なの?

有料老人ホームは、特別養護老人ホームなどと比較て「高いからサービスがいい」と思われがちですが本当にそうでなのでしょうか?

確かに、有料老人ホームは、特別養護老人ホームなど介護保険で費用が押さえられてる施設と比べると、月額料金は高いです。ですが、料金が高ければ必ずしも質の良いサービスが受けられるというわけでありません。

介護業界は常にスタッフが不足しているのが現状なので、未経験でありながらろくに研修を受けることなく現場に出ているスタッフもいるようです。しかし、施設の中には支払った料金以上の素晴らしいサービスが受けられるところがあるのもまた事実といえます。

入居を決める前には、口コミなどで施設の情報を十分に収集することが大切です。そして、いくつか見学や体験入居をして、十分に吟味してから施設を選ぶようにしましょう。

コメントは受け付けていません。